研究分野一覧

網島ひづる研究室 「急性看護学」「急性看護CNSコース」

担当教員:教授 網島ひづる、准教授 笹川寿美

・看護学基礎研究領域:
 クリティカルな状況にある患者・家族の健康問題や倫理問題を探求します。患者の生命の維持・回復、苦痛の緩和、セルフケア能力の回復、QOLの向上を目的とした看護援助技法、家族への支援などを含む専門的な看護を提供できる看護実践能力を育成します。また、クリティカルな状況にある患者・家族への新しい看護援助技法の構築、あるいは看護の質向上に貢献できる知見を見いだすための研究能力を育成します。
・看護学課題研究・高度実践領域(急性・重症患者看護専門看護師(CNS)):
 クリティカルな状況にあり複雑で解決困難な看護問題を持つ個人・家族や集団を対象に、先進医療に対応した高度な看護実践を行うための看護介入方法を理論的かつ実践的に探究する分野です。特に、クリティカルな状況にある人間を総合的にとらえるキュアとケアの融合による高度な知識・技術、個人・家族を中心とした治療環境を総合的に管理するために必要な知識を学修するとともに、専門看護師として役割を果たすための実践能力を養います。
急性

・研究テーマ

(1)手術後患者・家族の療養生活を支援するために情報技術を活用した学習システムを、医師・薬剤師・栄養士・情報などの専門家チームで開発しました(「胃切除術」「肺切除術」後の患者家族に向けてなど)。

2)クリティカル状況にある患者への看護介入として、「フィジカルアセスメント」「回復過程を総合的に捉える」「回復意欲を高める」あるいは「安楽」という視点から研究を進めています。

(3)看護学教育においてフィジカルアセスメント能力を高める教育の追 求は重要課題です。そこで協働学習型の教育システムを開発し、その評価を実施している(協働学習型とは学生同士が教えあうことにより 相互に学力を向上させる教育システムである)。

(4)看護学教育において看護師が早期に難易度の高い看護技術を習得、さらに習熟を図るための教育の改革は急務である。そこで視線運動分析に基づく看護技術トレーニングシステムの開発を進めています。

(5)周手術期~在宅におけるがん患者のQOLとボディイメージの変容への看護

(6)看護学生、臨床看護師の看護実践能力を高めるための教育について

*現在、クリティカルな状況にある患者の睡眠状況と心理に着目しています。

 

・修了生の研究テーマ

 2016年度

林詳子「心臓血管外科術後患者とその家族における継続的なせん妄ケアに対する看護師の認識と看護実践」」(課題研究報告書)

2015年度

安藤有子「クリティカルケアを実践する看護師がケアリングの経験を通して自覚する自己成長感」(課題研究報告書)

土屋僚太郎「頸椎手術を受ける患者の術前期待と術後・退院後の生活への影響」

(修士論文)

 

【看護学研究科を目指す学生に向けて】

看護実践の体験を振り返り、「なぜだろう」と思ったら学問的な知識へ の追求を・・・・。一緒に学びましょう!

 

≪修了生からのメッセージ≫

 「成長するための自己課題に取り組む日々」大学院では、急性看護学領域における主要な概念・理論をはじめ、科学的根拠に基づいた医学に関する最新の知見、高度な看護実

践に必要な知識や技術などを学修し、また、高度実践看護師として成長するための自己

課題に取り組む日々を過ごしました。それらの学修を通して、専門看護師(CNS)には、高度実践、調整、リーダーシップなど幅広い卓越した能力が必要であることはもちろん

ですが、看護師として魅力ある人間であることが求められることに気づきました。

(平成2012年度修了生 急性・重症患者看護専門看護師 (兵庫医科大学病院勤務)山岡綾子)

 急性 図1 急性 図2 

 

Hyogo University of Health Sciences. All Rights Reserved.