卒業生からのメッセージ

院生からのひとこと

滝 ゆず 在宅看護学 平成27年度卒業生

大学院では、「看護」の概念・理論から修学し、今までの実践を振り返ることが出来ました。異なる経歴、領域の志が高い仲間との出会いは、多くの刺激を受けることができます。
経験も知識も少ないため、入学当初は院生を続けていけるのか不安でしたが、同級生の助けや、先生の丁寧な指導があり、今はやりがいを持って楽しく看護研究に取り組んでいます。

修了生からのひとこと

山岡 綾子

平成24年度修了生
急性・重症患者看護 専門看護師
(兵庫医科大学病院勤務)

大学院では、急性看護学領域における主要な概念・理論をはじめ、科学的根拠に基づいた医学に関する最新の知見、高度な看護実践に必要な知識や技術などを学修し、また、高度実践看護師として成長するための自己課題に取り組む日々を過ごしました。それらの学修を通して、専門看護師(CNS)には、高度実践、調整、リーダーシップなど幅広い卓越した能力が必要であることはもちろんですが、看護師として魅力ある人間であることが求められることに気づきました。