研究分野一覧

田村康子研究室「助産学」

助産師は主に女性やその家族を対象に、新たな生命の誕生や親役割取得のプロセスに寄り添い、対象者の本来持つ力が最大限発揮できるように関わります。周産期以外にも、あらゆる年代にある人々の性と生殖に関する健康への支援にも携わります。

 少子高齢化に伴う人口減少や出産のハイリスク化、地域社会のあり様など人が生まれ育つ環境は変化し、周産期医療も変動の時期にあります。また、母子が健康であることはグローバルなレベルでも主要な課題の一つです。助産師がその役割を医療機関、地域、世界においても発揮することが求められています。

日々の実践の中で、「これでいいのだろうか」「どうしたらいいのだろう」「もう少し調べてみたい」となったままのことはありませんか?
 大学院修士課程では、助産に関連する様々な概念や理論を学び、これまでの実践を通して気になったままになっている現象や課題について探究する力を養います。探究のプロセスは山あり谷ありですが、学ぶ楽しさがあり、大学院を修了した後の助産実践を支える糧になります。自分が関心をもっているそのことを大切にして、兵庫医療大学の修士課程で深く取り組んでみませんか?

メンバー

准教授  藤本 浩一 Hirokazu Fujimoto, RN, PHN, PhD

研究領域:精神看護学

研究課題:精神科訪問看護に従事する専門職者が利用者からの暴力に遭遇する実態と関連要因の研究

精神科訪問看護における暴力遭遇の予測(アセスメントツールを用いた予測)に関する研究

メッセージ:「大学院」「修士」と聞くと気後れされるかもしれませんが、大丈夫です。個々のスピードに合わせて、丁寧に、一歩ずつ進んでいけるように指導します。

 

講 師  石田 絵美子 Emiko Ishida, RN, PHN, PhD

研究領域:精神看護学

研究課題:精神科看護実践に関する現象学的研究

精神疾患をもつ人々や精神科看護師の経験に関する記述的研究

筋ジストロフィー病棟に入院している患者たちの経験に関する現象学的研究

メッセージ:各々の関心テーマを持つ者同士で話し合いながら自己の研究テーマを探究していくことは、看護師としてだけでなく、自らの人生にも何らかの有意義な意味をもたらすと思います。臨床での様々な体験の中から、自らの引っかかりや問いについて探究してみませんか?

 

助 教  向畑 毅 Tsuyoshi Mukaihata, RN, PHN, PhD

研究領域:精神看護学

研究課題:精神障害者のリカバリーに寄与する精神科看護師のパフォーマンスに関する研究

精神科看護師の高パフォーマンスを目指したワーク・エンゲイジメントに関する研究

メッセージ:精神科看護について共に学びましょう。また、自分が追及したい研究テーマを見つけるのは大変と思われるかもしれませんが、意外と身近にあるものです。それを一緒に見つけていきましょう。

Hyogo University of Health Sciences. All Rights Reserved.